株式会社 家庭薬新聞社
HOME

平成27年10月トピックスバックナンバー

特商法専門調査会が議論再開
訪問勧誘規制等で意見受付―賛成545件、反対3万9428件
 飛び込み営業等の不招請勧誘規制など訪問勧誘規制の見直しについて検討を進める内閣府消費者委員会の「特定商取引法専門調査会」は、過去11回の議論の経過をまとめた「中間整理」に対する集中的な意見受付を9月1日から1ヵ月間実施し、反対意見が賛成意見を圧倒的に上回った。

全配協配置部会法人販社会―「人材確保」で勉強会
配置に大事なのは「人」 金の卵を温める雰囲気を
 (一社)全国配置薬協会配置部会法人販社会は全体会議を10月27日にひらき、人材確保をテーマに掲げた勉強会を企画した。

日本ヘルスケア協会が発足―右近保氏が理事就任
 政府が「健康寿命延伸産業の育成」を国策として推進する方針を打ち出している中、医薬品をはじめヘルスケアに関わる学識経験者や有識者、関係企業・団体等が業界横断で結集し、幅広い分野で連携して実効性を高めていくとともに、政府に対する政策提言を行うことなどを目的に、このほど一般財団法人日本ヘルスケア協会を設立した。

27年度登録販売者試験結果―東海・北陸、北関東・甲信越
4県が受験者数過去最多 合格率は明暗
 平成27年度登録販売者試験の実施結果が全国各地で発表されているが、9月2日実施の東海・北陸6県が10月23日、9月27日実施の北関東・甲信越6県のうち長野を除く5県ンお結果が10月30日に公表された。27年度試験結果は→こちら

富山医科薬科大学名誉教授・森田直賢氏逝去
 富山医科薬科大学名誉教授の森田直賢氏が10月25日午後8時25分、脳梗塞のため富山市千石町の杉野脳神経外科病院で死去した。88歳。自宅は富山市芝園町2―6―4。通夜は27日午後7時から、葬儀は28日午前10時からいずれも富山市黒瀬北町2―4―4のシティホール掛尾で執り行われる。喪主は長男・健一郎氏。

27年度厚生労働大臣表彰―配置販売業関係で15名に栄
厚生労働省は「薬と健康の週間」にちなみ、平成27年度薬事功労者大臣表彰式を10月21日に挙行し計87名に授与したが、配置販売業関係では15名が受賞の栄に浴した。
【配置販売業関係】 
金山正美 温盛 裕 油谷恒匡 大村洋三 森 三郎 岡本健男 米田治夫 井上輝雄
佐伯友偵 近藤雅美 清水慶一 上村光昭 中村孝博 阿南良信 経澤照子
【医薬品製造業関係】
大北正人

福島県協・第22回中学生作文コンクール―応募総数89校・3159点
 (一社)福島県医薬品配置協会は、第22回県中学生「家族の健康」作文コンクールの本審査会を10月7日にひらき、厚生労働大臣賞など入選作を決定した。

特商法専門調査会「中間整理」―配置各団体が相次いで意見
 内閣府消費者委員会が9月1日から1ヵ月間実施した「特定商取引法専門調査会『中間整理』」等に対する意見公募を受け、(一社)全国配置薬協会が単独で意見提出を行うとともに、(一社)日本配置販売業協会と(一社)日本置き薬協会、北海道置き薬協会が三者連盟の意見書を提出した。

27年度登録販売者試験
3地区14都府県が結果発表―受験者増加も合格率明暗
 今年4月から改正施行された登録販売者試験の実施結果の公表が10月13日までに東京・南関東、近畿、中国の計14都府県で行われた。いずれも受験者数の増加傾向が見られたものの、合格率の前年比較はマチマチで明暗を分けた。

塩崎厚労大臣が留任 副大臣に竹内、渡嘉敷氏
第三次安部内閣が10月17日に発足し、厚生労働大臣には塩崎恭久衆議院議員(自民、64)が再任された。



Copyright(C)2004 HOME MEDICINE NEWS PAPER. All Rights Reserved.
〒930-0856富山市牛島新町3-7-105
TEL:(076)442-3815 FAX:(076)431-3732