株式会社 家庭薬新聞社
HOME

平成27年1月トピックスバックナンバー

27年度税制改正大綱―一般薬所得控除は「検討」
 厚生労働省は、平成27年度税制改正要望で「セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設」を掲げていたが、1月14日に閣議決定された政府税制改正大綱では「検討事項」となった。

テイカ製薬・口腔内崩壊錠を相次ぎ上市
 howattシリーズ第1弾「テイカエース下痢止め」
 テイカ製薬(株)(富山県富山市荒川2丁目3−27、松井竹史社長)は、独自の新規製剤技術「howatt(ほわっと)技術」を用いた「口腔内崩壊錠」の一般用医薬品を1月下旬から順次、市場に投入する予定にしている。

期限切れ防止で配置5団体連携―共通の課題で意見集約 不回り解消を啓蒙
 (一社)全国配置薬協会(全配協)配置部会、(一社)日本配置販売業協会、(一社)日本置き薬協会、(一社)広島県医薬品配置連合会、北海道置き薬協会の配置5団体は1月22日に会合をひらき、不回り・放置得意対策で意見を交換、解消に向けて連携していくことで合意した。

富山薬連・北陸新幹線開業に先駆け―東京駅近郊で「くすりフェア」
 富山県並び関係市町村、(一社)県薬業連合会ら薬業団体で構成する「富山くすりフェア実行委員会」は、3月14日の北陸新幹線開業に先駆け、同月6〜8日の3日間、東京駅近郊の丸の内オアゾ1階「○○広場(おおひろば)」で平成26年度くすりフェアを開催することを正式決定した。

日本配置システム研究会・三枝正樹会長の再任決める
 全国の法人配置販売会社経営者らで組織する日本配置システム研究会は、平成27年度総会並びに同年1月定例会を1月14〜15日にひらき、総会では任期満了の役員改選で三枝正樹会長の再任を決めた。

富山県協が総会―不回り整理で「預かり証」
 富山県医薬品配置協議会は平成27年度定期総会を1月15日にひらき、配置期限切れ防止に向け、最終回商日から5年以上経過したものを「不回り」と定義し対処法が示されたことを受けて、協議会として得意先、事務局、引き揚げ担当者に交付する三枚複写式の「預かり証」を作成した。

平成25年配置用薬効分類別生産額―トップの総合感冒剤7.8%増、ビタミン2割減
 厚生労働省医政局経済課は12月26日、平成25年薬事工業生産動態統計年報の統計表を公表したが、医薬品薬効分類別用途区分別生産・輸入金額によると、配置用のトップ3は「総合感冒剤」「混合ビタミン剤(ビタミンA・D混合製剤を除く)」「総合代謝性製剤」で前年と同様だった。

富山部会連が部会長会―賦課金値上げは先送り 部会員の総会参加認める
 富山県薬業配置部会連合会(富山部会連)の1月定例部会長会が13日にひらかれ、財政逼迫のため昨年5月の総会で提案された賦課金の値上げについて、当面は現状維持とすることを決定。

大同製薬が自己破産
 大同製薬(株)(富山県高岡市、秋元駿一社長)は、1月7日までに富山地裁高岡支部から自己破産手続き開始の決定を受けた。負債総額は約1億8000万円と見られている。

第2回富山県セルフM推進協議会
 八橋謙二氏が取り組みを紹介 健康情報誌を全得意配置
 富山県セルフメディケーション推進協議会の第2回会議が12月24日にひらかれ、配置薬業界代表の八橋謙二氏(富山県医薬品配置協議会副会長)がセルフメディケーション推進に係る取り組み状況について発表した。

第37回滑川市薬業従事者大会―一致団結してセルフM推進を
 富山県滑川市と同市薬業会は新春恒例の第37回市薬業従事者大会を1月7日に開催した。



Copyright(C)2004 HOME MEDICINE NEWS PAPER. All Rights Reserved.
〒930-0856富山市牛島新町3-7-105
TEL:(076)442-3815 FAX:(076)431-3732