株式会社 家庭薬新聞社
HOME

平成27年4月トピックスバックナンバー

茨城県協第4回定期総会―「世界遺産登録」目指し
 (公社)茨城県医薬品配置協会は第4回定期総会を3月24日にひらき、会員317名中、266名(うち委任状141名)が出席した。

春の叙勲―石黒龍太郎氏の旭双 浅野昭三氏に旭単
 政府は4月29日の「昭和の日」、平成27年春の叙勲受章者を発表したが、配置薬業界関係では石黒龍太郎元(一社)全国配置薬協会副会長(富山県富山市、74)が旭日双光章、浅野昭三元愛知県医薬品配置協議会長(愛知県刈谷市、71)が旭日単光章受章の栄に浴する。

日本配置販売業協会―任意資格制度を設立
 (一社)日本配置販売業協会は、任意の資格制度を設立し、今年度から資格試験を実施することを公表した。資格の名称は「配置販売員証」「配置販売従事者証」「配置販売登録者証」「配置登録販売者証」の4案が示されている。

兵庫県協が第64回総会―堀内清会長を再任
 兵庫県医薬品配置協議会の第64回定期総会は4月24日にひらかれ、任期満了の役員改選で堀内清会長の再任を決めた。

長野県協が第54回定期総会―研修受講料を1千円値下げ
 長野県医薬品配置協議会は第54回定期総会を4月24日に開催し、資質向上研修会の受講料の1,000円値下げを決定した。ただし今年度は(一社)全国配置薬協会の研修ガイドライン改訂に伴い新たなテキストが必要となるため、同テキスト購入費用(1000円)を負担してもらうこととなっている。

富山県ものづくり総合見本市
富山薬連配置薬振興委が出展―製造技術力で薬都をPR
 北陸新幹線開業を機に富山のものづくり技術や製品を国内外へ発信することを目的とした「富山県ものづくり総合見本市2015」が4月23日〜25日にひらかれ、(一社)富山県薬業連合会から配置薬振興委員会の構成委員メーカー6社が共同出展し、「富山のくすり」をPRした。

内閣府・規制改革会議
 市販品類似薬の保険適用見直し―過剰給付防止へ上限設定
 内閣府・規制改革会議の第33回健康・医療ワーキンググループが4月7日にひらかれ、「『市販品と類似した医療用医薬品(市販品類似薬)の処方のあり方等の見直し』に関する論点」を示した。



Copyright(C)2004 HOME MEDICINE NEWS PAPER. All Rights Reserved.
〒930-0856富山市牛島新町3-7-105
TEL:(076)442-3815 FAX:(076)431-3732