株式会社 家庭薬新聞社
HOME

平成26年11月トピックスバックナンバー

映画「彩火(はなび)」完成報告―県と富山市を表敬訪問
 富山県の富山市北商工会水橋支部が水橋を舞台に製作に取り組んでいた地域発信型映画「彩火(はなび)」の完成に伴い、関係者が11月18日に県と富山市を訪ね、完成報告を行った。映画は11月4日から21日まで「富山シアター大都会」で公開され、好評を博して28日まで延長。4,185名の来場者を集め、今後DVDの制作も予定されている。

厚労省薬食衛生審安全対策部会
 「ロキソニン」は第1類に 指定2類移行に慎重論強く
 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会が11月14日にひらかれ、第1類に分類されている「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(販売名・ロキソニン等)のリスク区分について審議し、第1類に据え置くことを結論とした。

厚労省薬食衛生審安全対策部会・4〜7月副作用報告―配置で4件
 11月14日の厚労省薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会では、今年4〜7月の副作用・感染症等報告が行われ、一般用医薬品に関する副作用報告が91件、症例数110件が示され、症例数を販売経路別に見ると「配置販売」は4件だった。

国立社会保障・人口問題研究所―24年度社会保障給付 「医療」34兆円
 国立社会保障・人口問題研究所は11月11日、平成24年度の「社会保障費用統計(旧社会保障給付費)」を公表した。ILO(国際労働機関)基準の「社会保障給付費」は前年度比1.0%増の108兆5568億円で過去最高となり、分類別では「医療」が34兆6230億円などとなっている。

富山薬連委受託講演会―GMP適合が前提
 (一社)富山県薬業連合会は、委受託講演会を11月14日に開催、CMO(医薬品製造受託機関)の現状と課題、成長戦略に関する講演を受講し、認識を新たにした。

福島県協・中学生作文表彰式 厚労大臣賞など18作
 (一社)福島県医薬品配置協会は、第21回県中学生「家族の健康」作文コンクールの表彰式を10月28日に開催。厚生労働大臣賞など入賞者18名に賞状と盾、記念品が手渡された。

静岡県協・薬乱防止で厚労省薬食局長感謝状
 静岡県では平成26年度県薬物乱用防止県民大会が11月1日にひらかれ、席上の表彰式で県配置医薬品協議会が厚生労働省医薬食品局長感謝状を受賞した。

上薬研究所が霊芝サミット―絆づくり、ファンづくりで繁栄模索
 (株)上薬研究所(神奈川県横浜市中区、田中慎一郎社長)と広栄ケミカル(株)(福岡県北九州市小倉南区、友田洋三社長)主催の第7回霊芝サミットが11月8日にひらかれ、霊芝販売に力を注ぐ全国15の販社から40名の関係者が出席した。

近畿ブロック会長会―全配協組織改革で意見交換
  研修、期限切れ解消策で加入のメリット打ち出せ
 近畿医薬品配置協議会ブロック会は11月5日に秋季正副会長会議をひらき、(一社)全国配置薬協会(全配協)配置部会総務委員長を務める大原克彦滋賀県医薬品配置協議会長の発案で全配協と各県配置協議会・協会の改革の方向性について意見を交換した。

富山薬連・第2回配置薬振興委―販売伸びないと製造拡大ない
 (一社)富山県薬業連合会の配置薬振興委員会の第2回会合が11月6日にひらかれ、配置の現状把握のため製造、配置双方を対象にした実態調査を行うことを決定。

厚労省が「手引き」再改訂
 厚生労働省は11月11日、「登録販売者試験問題作成に関する手引き」の平成26年11月改訂版を公表した。

アセトアミノフェン・他剤併用の過量投与に注意
 厚生労働省は10月21日、アセトアミノフェン(医療用医薬品)の「使用上の注意」の改訂について事務連絡した。

経産省・セルフM推進へ ドラッグストアのあり方研究
 経済産業省は11月7日、「セルフメディケーション推進に向けたドラッグストアのあり方に関する研究会」を発足した。

第25回薬業人親睦ボウリング大会
朝日印刷が団体戦3連覇、個人優勝は林真紀さん(広貫堂B)
 (株)家庭薬新聞社主催、(一社)富山県薬業連合会後援の平成26年度「第25回薬業人親睦ボウリング大会」が11月7日に開催され、「富山のくすり」の関連業種から44チーム・132名が参加。団体戦は朝日印刷チームが3連覇を果たし、個人戦は広貫堂Bチームの林真紀さんが優勝を手にした。
団体優勝
朝日印刷チーム
団体2位
富士化学工業Cチーム
団体3位
大協薬品工業Bチーム
個人優勝の林真紀さん 高田富山薬連専務
理事のによる始球式
大会模様

厚労省・25年度衛生行政報告―配置従事者22%減 2万件下回る
 厚生労働省は平成25年度衛生行政報告を10月30日に公表。同年度末現在の配置販売業許可届出件数は7,973件で前年比2.9%の減、配置従事者件数は22.8%もの大幅減で18,113件だった。

平成26年秋の叙勲―菊地徳男、藤井裕高氏に旭双
 政府は11月3日の「文化の日」、平成26年秋の叙勲受章者を発表したが、配置販売業関係では菊地徳男氏(元岩手県医薬品配置協議会長、72歳)、藤井裕高氏(鳥取県医薬品配置協議会長、70歳)が旭日双光章の栄に浴した。



Copyright(C)2004 HOME MEDICINE NEWS PAPER. All Rights Reserved.
〒930-0856富山市牛島新町3-7-105
TEL:(076)442-3815 FAX:(076)431-3732