株式会社 家庭薬新聞社
HOME

平成26年7月トピックスバックナンバー

地方分権提案募集で富山県―承認権限の範囲拡大を
 内閣府は「平成26年地方分権に関する提案募集」を行い、7月29日で締め切ったが、富山県は「医薬品製造販売業等の地方承認権限の範囲の拡大」を提案、実現に向けて内閣府が厚生労働省との調整に入ることになった。

厚労省―名称を「危険ドラッグ」に
 厚生労働省は大きく社会問題化している「脱法ドラッグ」対策の強化を図るため、呼称変更について広く意見募集していたが、7月22日に新呼称を「危険ドラッグ」に決めたことを公表した。

厚労省―承認基準薬の申請書で「記載要領」
 厚生労働省医薬食品局審査管理課は7月10日、「『承認基準の定められた一般用薬品の申請書の記載及び添付資料の取り扱い等について』の一部改正について」を各都道府県衛生主管部(局)長宛に通知した。

一般薬連―スイッチ促進と税措置で要望書
 日本一般用医薬品連合会は7月28日セルフメディケーション推進に向け、体外診断薬を含めたスイッチOTCの促進と一般薬等に関する所得控除制度創設等について田村憲久厚生労働大臣に要望提出した。

日本配置システム研究会―今年も「配置五輪」 9月18日にメルパルク東京
 若手法人配置販売会社経営者で構成する日本配置システム研究会の7月定例会は、14、15日の両日ひらかれ、会員販社の売上や成長率を競う「配置オリンピック」を9月18日の全国社員大会で実施することを決めた。

全配協配置部会長・柳瀬昭氏叙勲祝賀会―全国から200名が駆けつけ
 今年春の叙勲で旭日単光章の栄に浴した柳瀬昭(一社)全国配置薬協会配置部会長の祝賀会が7月26日にひらかれ、配置薬業界関係者ら約200名が参集し、同氏の功績を称えた。

春の叙勲で旭日双光章受章・安田博氏の功績称え祝賀会
 今年春の叙勲で旭日双光章を受章した安田博(一社)群馬県医薬品配置協会顧問の受章祝賀会が6月28日にひらかれ、関係者110名が出席して同氏の功績を称えた。

富山市「地域見守り活動」配置も対象事業者  富山県協が協定締結
 富山市では、独居老人らの「孤立死」等を未然に防ぐことを目的としてライフライン事業者と連携を図る「地域見守り活動」に着手することとしているが、電気やガス、水道、郵便に加え、配置薬も対象事業者に選定。県医薬品配置協議会(吉田昌雄会長)並びに富山部会連富山県部会(同会長)では、市と協定を結ぶこととしている。

広栄ケミカル社長に友田氏
 広栄ケミカル(株)(福岡県北九州市小倉南区西水町5113)では、森川伸一社長が退任し、後任の新社長に友田洋三氏が就任した。

全配協会長に塩井保彦氏就任  森政雄会長が退任、製薬部会長には梶谷順久氏
 (一社)全国配置薬協会の定時社員総会が7月17日午後1時からメルパルク東京でひらかれたが、席上、森政雄会長(富山、リードケミカル(株)社長)が退任の意向を表明し、後任の会長には塩井保彦副会長・製薬部会長(富山、(株)広貫堂会長)を選任した。製薬部会長には梶谷順久氏(奈良、新生薬品工業(株)社長)が就任した。
 森前会長は佐藤又一氏(奈良、佐藤薬品工業(株)会長)の後を受け平成18年7月に会長に就任、8年間務めた。この間、一般用医薬品の販売制度改正問題に対応したほか、平成23年10月には任意団体だった全配協を一般社団法人に改組した。

全配協法人販社会全体会議に100名―改正法対応を学ぶ
 全国各地の法人配置販売会社の結集を図るため、全配協配置部会法人販社会は初の試みとして全体会議を7月16日に開催、法人販社代表ら約100名が参集し、改正薬事法の適正な対応や配置販売業者としての法令対応について学んだ。

全配協総会―試験制度見直しで「より早く資格者に」
 7月17日にひらかれた全配協定時社員総会では役員の補充選任で新会長に塩井保彦氏を選んだほか、表彰式で退任役員および協議会長計6氏に感謝状を贈呈。部会費賦課金の各50万円減額も決めた。

全配協配置部会総会―未加入問題と組織分裂が焦点
 全配協配置部会の定時総会は7月17日に開催。焦点となったのは4団体に分裂している組織の修復と、法人販社の協議会加入促進策だった。

松井製薬元社長・松井元太郎氏が死去  8月20日に「お別れの会」
 配置薬製造の松井製薬(株)、医薬品卸の松井薬品(株)などの社長を務めた松井元太郎氏が7月12日午前10時50分、内臓疾患のため入院先の富山県立中央病院で死去した。88歳。葬儀・告別式は親族で行われ、後日、お別れの会を開く予定。医薬品卸の(株)ファイネス取締役相談役、テイカ製薬(株)取締役。富山信用金庫の理事長や理事会長なども務め、平成21年秋の叙勲で旭日双光章を受章している。
 「お別れの会」は、8月20日午後1時30分から富山市大手町2−3のANAクラウンプラザホテル富山「鳳の間」で執り行われる。

全配協配置部会―不回り解消を周知徹底
 (一社)全国配置薬協会配置部会は7月11日、各都道府県配置協議会・協会に対し、「配置期限切れ医薬品の配置防止の徹底と不回り配置先の解消について」を通知した。

日薬連が改正法説明会―添付文書の届出義務化
 日本製薬団体連合会(日薬連)安全性委員会は「薬事法改正についての説明会―医薬品(添付文書、GVP関係等)」を6月30日に東京、7月3日に大阪、同月7日に富山の計3会場で開催した。



Copyright(C)2004 HOME MEDICINE NEWS PAPER. All Rights Reserved.
〒930-0856富山市牛島新町3-7-105
TEL:(076)442-3815 FAX:(076)431-3732