株式会社 家庭薬新聞社
HOME

平成26年8月トピックスバックナンバー

厚労省・登録販売者制度改正で施行通知―業務経験中は「研修中」
 厚生労働省医薬食品局は8月19日、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律施行規則の一部を改正する省令の施行等について」を各都道府県知事らに通知した。

第3回富山・バーゼルシンポ―知の融合図り薬業振興
 富山県並びに(一社)県薬業連合会、富山大学は「第3回富山・バーゼル医薬品研究開発シンポジウム」を8月12日に開催し、国内外から関係者約380名が参加した。

第一薬工協組―組合存続でアンケート
 第一薬品工業家庭薬協同組合は第63回通常総代会を8月22日にひらき、組合員減少で厳しい組合運営の今後を検討するため、早期にアンケート調査を行い、組合存続の是非とともに、組合の存在意義を問うことにした。

富山県協―「地域見守り活動」で富山市と協定
 富山県医薬品配置協議会と富山部会連富山県部会は、富山市の「地域見守り活動」に関する協定締結に調印した。

富山薬連がキリンビバレッジとコラボ―「くすりん」自販機第1号登場
 (一社)富山県薬業連合会の「富山のくすり」オリジナルキャラクターとして各種PR展開で活躍している「くすりん」をあしらった自動販売機第1号が富山市千歳町の富山薬業ビル玄関脇にお目見えした。

第48回富山県配置業者大会―配置の底力で「再生」を
 薬都富山の真夏の祭典、「第48回富山県医薬品配置業者大会」は、8月19日に富山市の高志会館で催され、県内在住配置販売業者ら約200名が参集、セルフメディケーションの推進と配置薬業の再生に向けて決意を新たにした。

富士薬品の25年度売上―配置1.1%減の315億円
 富士薬品(株)(埼玉県さいたま市大宮区、高柳昌幸社長)は、このほど平成25年度業績について公表した。富士薬品単体の売り上げ実績は前期比7.0%増の1533億400万円、経常利益は同比27.0%減の57億1300万円の増収減益だった。

東亜薬品が第92期株主総会―過去最高の152億9000万円
 東亜薬品(株)(富山県富山市三郷、中井敏郎社長)は、第92期定時株主総会を8月20日に開催、150億円を超える過去最高の売上となった同期(平成26年5月20日締め)決算を承認した。

富山部会連―運営検討委設置へ
 富山県薬業配置部会連合会(富山部会連)は定例部会長会を8月18日にひらき、今後の部会運営について協議する組織検討委員会設置を決定した。

茨城県協―「見守り活動」で県と協定
 (公社)茨城県医薬品配置協会はこのほど、県との間で「茨城県における地域の見守り活動に関する協定」を締結、日常の回商業務を通じて地域福祉の向上と安全な暮らしの実現に協力する。

鹿児島県協―放置得意整理を徹底  石倉会長を再任
 (公社)鹿児島県医薬品配置協会は第3回(通算第63回)定期総会を5月21日に開催し、任期満了の役員改選で石倉雅俊会長の再任を決めた。

厚労省・登録販売者制度見直し―受験資格の実務経験不要 過去5年で2年従事
 厚生労働省は7月31日付けで医薬品医療機器等法の施行規則の一部を改正する省令を公布、登録販売者試験の受験資格となっている事前の実務経験を不要とし、管理者および管理代行者要件として過去5年間のうち2年間の実務経験を求めることとした。

兵庫県協―上田清太郎氏の旭双称え、叙勲祝賀会
 兵庫県医薬品配置協議会は、今年春の叙勲で旭日双光章を受章した上田清太郎氏(元会長)の祝賀会を8月2日にひらき、井戸敏三知事ら来賓並びに配置薬業界関係者ら多数が同氏の祝福に訪れた。



Copyright(C)2004 HOME MEDICINE NEWS PAPER. All Rights Reserved.
〒930-0856富山市牛島新町3-7-105
TEL:(076)442-3815 FAX:(076)431-3732