株式会社 家庭薬新聞社
HOME

平成26年4月トピックスバックナンバー

長野県協・第53回総会―藻谷昭司会長を再任
 長野県医薬品配置協議会は第53回を4月24日にひらき、任期満了の役員改選で藻谷昭司会長の再任を決めた。

富山県・配置と初の意見交換会―新懸け、事業所配置推進を
 高齢化や後継者不在で業者・従事者減少に歯止めがかからない富山県配置薬業の窮状を打破するため、県くすり政策課は初の試みとして県薬業配置部会連合会や県配置薬業青年連合会代表を交えた意見交換会を5月1日に開催した。

26年春の叙勲―上田、堀、蜜原、安田氏に旭双、柳瀬氏に旭単
 政府は4月29日、平成26年春の叙勲受章者を発表したが、配置薬業界関係では薬事功労者として上田清太郎、堀義雄、満原元善、安田博の4氏が旭日双光章、柳瀬昭氏が旭日単光章をそれぞれ受章した。

富士薬品60周年記念祝賀―新たな価値生む複合型企業へ
 (株)富士薬品(本社・埼玉県さいたま市、高柳昌幸社長)は、設立60周年記念祝賀会を4月23日に東京都千代田区のホテルニューオータニで挙行、関係者ら約700名が参列し、節目を祝った。

広貫堂―国内最大級の顆粒剤生産設備
 (株)広貫堂(富山県富山市、飯田光孝社長)は、大手医薬品メーカーからの受託生産に対応するため、同社呉羽工場に顆粒剤生産の2ラインを設置するとともに、新たに顆粒剤専用棟(呉羽工場B棟)も建設する。

富山薬連―改正法対応でワーキンググループ設置
 インターネット等による一般用医薬品の「特定販売」の導入で販売制度の見直しが行われ、配置販売業にも新たな規制が加わったことから業界としての対応が問われているが、(一社)富山県薬業連合会ではワーキンググループを設置して検討に着手し、第1回会合が4月15日にひらかれた。

富山薬連・懸場帳ハンドブックを作成―記帳整備の大切さを周知
 (一社)富山県薬業連合会では、懸場帳保全対策の一環として、記帳整備の大切さを広く知ってもらうため「懸場帳ハンドブック」を作成、会員配置販売業者へ配布した。

富山市―広貫堂、第一薬工、エーザイが「認知症サポーター」で調印
 富山市は、認知症でも安心して暮らせる町づくりの実現に受けて市内に拠点を置く(株)広貫堂、第一薬品工業(株)、エーザイ(株)の3社と連携協定を結び、認知症サポーターの拡大増員を目指すことにした。

日本配置システム研究会―「簿記講座」で意見交換 新懸けしなければ利益出ぬ
 若手法人配置販売会社経営者を中心に組織する日本配置システム研究会の4月定例会が8、9日の両日、東京都港区のメルパルク東京でひらかれ、「簿記講座」と「新入社社員教育」をテーマに意見を交換した。



Copyright(C)2004 HOME MEDICINE NEWS PAPER. All Rights Reserved.
〒930-0856富山市牛島新町3-7-105
TEL:(076)442-3815 FAX:(076)431-3732