株式会社 家庭薬新聞社
HOME

平成25年10月トピックスバックナンバー

福島県協・第20回作文コンクール表彰式―絆と健康思う心に肝銘
 (社)福島県医薬品配置協会は第20回県中学生「家族の健康」作文コンクール表彰式を10月29日にひらき、入賞作18点と佳作10点、学校賞2校を表彰した。

中屋一博氏が滑川市長選出馬へ
 前富山県滑川市長の中屋一博氏が来年2月2日告示、同9日開票の同市長選に出馬する意向を表明した。

富山県薬事功労者知事表彰―下村健三氏ら3氏が受賞
 富山県では「薬と健康の週間」行事の一環として、平成25年度厚生部門薬事功労者表彰式および講演会を10月19日にひらき、下村健三県医薬品工業協会理事ら3氏に知事表彰が授与されたほか、献血推進ポスター表彰として小・中学生各部門の最優秀賞と優秀賞が贈られた。

厚労省・24年度衛生行政報告―配置販売業許可8215件、従事者2万3467件
 厚生労働省は平成24年度衛生行政報告を10月24日に公表したが、前年度末現在の配置販売業許可届出件数は8215件、配置従事者件数は2万3467件で、いずれも前回報告よりも減少した。

富山大和漢研創設50周年祝賀会―「富山ブランド」開発に貢献
 昭和38年4月に富山大学薬学部附属和漢薬研究施設として発足し、今年で創設50周年を迎えた「国立大学法人富山大学和漢医薬学総合研究所」は、記念式典を10月24日に挙行した。

富山薬連―インド製薬協と交流覚書
 一般社団法人富山県薬業連合会は10月25日、インド製薬工業協会(IDMA、マニシュ・ドッシ代表)と交流に関する覚書(MOU)を締結した。

岩手県協に厚労大臣感謝状―薬乱防止啓発事業を称え
 岩手県医薬品配置協議会は、多年にわたる薬物乱用防止啓発事業が認められ、厚生労働大臣感謝状の栄に浴することになった。

ネット販売推進派・厚労省報告に反発―「到底受け入れられない」
 一般用医薬品のインターネット販売の解禁に向けて新たな販売ルールの策定作業が進む中、厚生労働省では10月8日に「販売ルール策定作業グループ」と「専門家会合」の報告書を公表したが、これに対しネット販売推進派の新経済連盟と日本オンラインドラッグ協会が揃って同日付けで反対意見を開陳した。

平成25年度登録販売者試験結果―公表済みの33県中、31軒が合格率上昇
 平成25年度の登録販売者試験結果の発表が全国各地で行われているが、10月18日に北関東・甲信越6県、東海・北陸6県が揃ってインターネットホームページ上で公表した。平成25年度の登録販売者試験の結果は→こちら

福島県協・第20回作文コンクール―避難多い中、応募3038点
 (社)福島県医薬品配置協会は第20回県中学生「家族の健康」作文コンクールの本審査会を10月4日にひらき、厚生労働大臣賞など入選18点を決定した。

厚労省販売ルール策定作業グループ―配置にも制度的対応を
 厚生労働省の「一般用医薬品の販売ルール策定作業グループ」と「スイッチ直後品目等の検討・検証に関する専門家会合」は10月8日、議論のとりまとめを揃って公表した。
 販売ルール策定作業グループのとりまとめの報告書は→こちら
 スイッチ直後品目等の検討・検証専門家会合のとりまとめの報告書は→こちら

富山県医薬品産業活性化懇話会―来年1月に「指針」 次年度予算に反映
 富山県医薬品産業活性化懇話会は第2回会議を10月11日に開催。石井隆一県知事が今回の議論を基に来年1月に第3回会議をひらいて指針をまとめる考えを伝えるとともに、来年度当初予算に反映させる意向を示した。

25年度薬事功労者厚労大臣表彰―配置販売関係で大挙15氏に
 厚生労働省は10月15日、平成25年度薬事功労者厚生労働大臣表彰の受賞者を発表したが、配置販売業関係では一般社団法人全国配置薬協会副会長の米田均氏ら15名が受賞の栄に浴するほか、製薬関係では一般社団法人富山県薬業連合会理事・内外薬品(株)社長の笹山和紀氏、徳島県製薬協会長・(株)大塚製薬工場代表取締役会長の小松喬一氏が名を連ねている。

25年度登録販売者試験結果―南関東3県43.4%、中国5県49.5%
 平成25年度登録販売者試験の結果発表が10月9日に南関東3県、同15日に中国5県で行われ、両地区とも過去最低だった昨年度の合格率を上回り、4割台に乗せてきた。

日本OTC薬協―スイッチ審査の迅速化要望
 日本OTC医薬品協会は10月7日、田村憲久厚生労働大臣に対し「一般用医薬品(体外診断薬等を含む)のスイッチ承認審査の迅速実施について」緊急要望した。

近畿ブロック正副会長会―ネット販売解禁の影響懸念
 近畿医薬品配置協議会ブロック会は、秋季正副会長会議を10月5日に開催し、一般用医薬品のインターネット販売解禁に伴うルール作りが進む中、ネット上での価格破壊など配置販売業に及ぼす影響等に対し活発な議論を展開した。

富山薬連―配置アンケートで低迷顕著に
 一般社団法人富山県薬業連合会は8月19日開催の第47回県医薬品配置業者大会会場で来場者に対し「配置販売業者アンケート」を実施したが、その調査結果をこのほど取りまとめた。

富山薬連・26年度県予算へ要望書―新幹線開業で新PR施策
 一般社団法人富山県薬業連合会は、平成26年度県予算に対する要望書をまとめ、自民党薬業問題調査会等を通じて提出した。

マルホが前田薬品工業を子会社化
 医療用医薬品等の研究開発、製造販売等を手がけるマルホ(株)(本社・大阪市北区、高木幸一社長)は10月、前田薬品工業(株)(富山県富山市、前田圭一社長)を子会社化した。



Copyright(C)2004 HOME MEDICINE NEWS PAPER. All Rights Reserved.
〒930-0856富山市牛島新町3-7-105
TEL:(076)442-3815 FAX:(076)431-3732