株式会社 家庭薬新聞社
HOME

平成23年2月トピックスバックナンバー

山口県協―法人解散し任意団体へ
 (社)山口県医薬品配置協会は、第21回通常決算総会を2月21日に開催し、懸案の公益法人制度改革への対応について川合敏夫会長は、一般社団法人移行を検討した時期もあったが、会員減少による会費収入減が厳しく、法人を解散して任意団体へ移行する方針を提示、了承された。

広島県協―内藤会長を再任 60回総会記念し全会員に記念品
 広島県医薬品配置協議会は、第60回定期総会を2月7日に開催し、任期満了の役員改選で内藤敏信会長の再任を決めた。また、第60回総会を記念して全会員にデジタル時計を贈呈した。

全配協・ネット販売規制緩和反対―10団体共闘で署名活動
 全国配置家庭薬協会、同製薬部会並びに配置部会は2月25日、「医薬品のインターネット販売等の規制緩和への対応について」を加盟団体代表に通知、反対署名活動への多数協力を要請した。

秋田県協が一般法人化―3月28日に設立総会
 一般社団法人設立を目指して準備を進めていた秋田県医薬品配置協議会は、臨時総会を3月28日午前10時から開催し、所要の手続きを行ったあと、午前11時から「一般社団法人秋田県医薬品配置協会」設立総会を挙行する。

全配協配置部会ら3団体―「ネット販売反対」で共同声明
 全国配置家庭薬協会配置部会、一般社団法人日本置き薬協会、一般社団法人日本配置販売業協会は、2月18日に打ち合わせ会を開催。その中で、ネット販売規制緩和反対などについて、3団体で「共同声明」を取りまとめることとなった。

群馬県協―新会長に油谷恒匡氏
 (社)群馬県医薬品配置協会は、2月18日の通常総会で任期満了の役員を改選し、新会長に油谷恒匡氏を選出、志野庄平前会長は相談役に就いた。

島根県協―大屋淳二氏が新会長就任
 島根県医薬品配置協議会は、第60回定期総会を2月14日に開催し、任期満了の役員改選で西川正毅会長が退任し、新会長に大屋淳二氏を選んだ。

厚労省―在宅要介護者に新サービス「24時間巡回型訪問」
 厚生労働省老健局は2月25日、「24時間地域巡回型訪問サービスの在り方検討会」報告書を公表した。検討会の報告書は→こちら(PDF:544KB)

平成23年度富山県くすり政策課予算案―事業所配置普及を支援
 富山県ではこのほど平成23年度予算案を公表したが、新たに「富山のくすり」販路拡大推進事業費補助金140万円を計上し、事業所に対する配置薬の普及に向けて専用配置箱やパンフレット作成等を支援する新方針を打ち出した。くすり政策課関係の予算額は7億0686万9000円。

厚生労働省―「Smart Life Project」立ち上げる
 厚生労働省健康局総務課生活習慣病対策室は2月17日、「健康寿命」を延ばすための「Smart Life Prject(スマート・ライフ・プロジェクト)」を開始した。
 「Smart Life Prject」の公式ウェブサイトは→こちら

厚労省平成21年薬事工業生産動態統計―富山県が全国2位に
 厚生労働省医政局経済課が2月8日に公表した平成21年薬事工業生産動態統計年報で、ジェネリックや受託拡大等で順調な伸びを見せる富山県の医薬品生産金額は、前年比11.0%増の5735億5700万円で静岡を抜いて2位に躍進した。

富山県―ネット上で受託希望情報
 富山県くすり政策課は2月10日、インターネット・ホームページ上に「県内製薬企業の受託製造希望情報」のコーナーを開設、希望するメーカー名と剤型、製造技術、受託可能数量等を紹介しながら、県外企業らとのさらなる業務提携拡大を支援することとした。
 県内製薬企業の受託希望情報のページは→こちら

青森県協―全配協組織見直し「提言」に反対
 (社)青森県医薬品配置協会は2月9日の理事会で、同月1日の全配協配置部会・日配商合同総務委員会と配置部会ブロック会長会合同会議の席で示された「全配協の組織見直しに関する『提言書』」について協議したが、理事全員が「断固反対」を表明した―としている。

政府・IT活用規制改革専門調査会―ルール設定しネット販売容認
 政府の高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部は、1月31日の「情報通信技術利活用のための規制・制度改革に関する専門調査会」で「一般用医薬品のインターネット販売及びテレビ電話等を活用した医薬品販売」に関する意見募集(パブリックコメント)の結果について公表した。
 パブリックコメントの結果は→こちら

新配置対応で全配協組織見直し―「新法部会」設置提言
 全国配置家庭薬協会では、改正薬事法施行による新配置移行対応を踏まえ、現行製薬、配置部会に加えて新たに「新法部会(仮称)」の設置を求める「提言書」が出され、波紋を呼んでいる。

富山薬連―ベトナム薬業交流訪問団・直前打合せ会
 富山県薬業連合会は、国際交流事業の一環として「富山―ベトナム薬業交流訪問団」の派遣を2月13日から18日まで実施するが、直前打合せ会を2月1日に開催し、日程や訪問先等について確認を行うとともに、団長に塩井保彦国際交流委員長を選んだ。



Copyright(C)2004 HOME MEDICINE NEWS PAPER. All Rights Reserved.
〒930-0856富山市牛島新町3-7-105
TEL:(076)442-3815 FAX:(076)431-3732