株式会社 家庭薬新聞社
HOME

平成23年8月トピックスバックナンバー

ワキ製薬・SoHaの会が夏季総会と研修会
 ワキ製薬(株)(奈良県北葛城郡)の「SoHaの会」は夏季総会並びに研修会を8月20日に開催し、若手配置業者ら約40名が参加。同会が実施するホームページ作成サービスや、配置薬情報交換コミュニティサイト「学見舎(まなみや)知恵袋」の説明を聞き、意見交換等を図った。
 配置薬情報交換コミュニティサイト「学見舎知恵袋」は→こちら ※利用するには、SoHa事務局(ワキ製薬)への申請と承認が必要になります。

又市参議院議員質問主意書に政府が答弁
 政府は8月23日、又市征治参議院議員が同月15日に提出した「医薬品の配置販売業における講習及び業務の実態と指導強化の必要性に関する質問主意書」に対する答弁を示した。
 又市参議院議員の質問主意書は→こちら(PDFファイル:954KB)
 政府の答弁書は→こちら(PDFファイル:366KB)

富山市が「展示資料調査」に着手―配置販売業者の協力を求める
 富山市薬業物産課らでは市立図書館の移転新築に伴い、その跡地に平成29年度をメドに建設する「くすり関連施設」の「展示資料調査事業」について、配置販売業者らの協力を要請している。

第45回富山県配置業者大会―東日本大震災被災業者支援の活用を
 薬都の夏を彩る第45回富山県医薬品配置業者大会が8月18日に挙行され、配置薬業界関係者約500名が参集。来賓祝辞で石井隆一県知事は、東日本大震災で被害を受けた配置業者に対する仮設住宅への再配置補助金と、年利1%の特別融資枠の有効活用を促した。

富山部会連―福島原発事故被害の状況把握し東電へ補償請求
 富山県薬業配置部会連合会は、定例部会長会を8月19日にひらき、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故の被害に対して、当該業者にアンケート調査を実施し、被害状況をまとめた上で富山薬連として東京電力へ補償請求する考えを提示した。

一般薬ネット販売規制問題―8月中にも変更告示か
 一般用医薬品のインターネット販売規制をめぐる議論の中で浮上してきた医薬品のリスク区分見直し問題。厚生労働省では薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会傘下にワーキング・グループを設けて検証と議論を進め、今年8月にもリスク区分変更の告示を行う手順となっている。

奈良県で「漢方薬日中シンポジウム」 11月9日
 奈良県薬務課は8月4日、11月9日に開催する「漢方薬・日中シンポジウム」の開催要領を発表した。一般消費者に漢方薬への関心を高めてもらい、和漢薬が多い「奈良のくすり」をアピールして知名度を高めることを目的としている。当日のプログラムは→こちら



Copyright(C)2004 HOME MEDICINE NEWS PAPER. All Rights Reserved.
〒930-0856富山市牛島新町3-7-105
TEL:(076)442-3815 FAX:(076)431-3732