株式会社 家庭薬新聞社
HOME

2008年1月トピックスバックナンバ

厚労省が「薬事法施行規則の一部を改正する省令」を告示
 厚生労働省は改正薬事法による新たな一般用医薬品販売制度の全面施行に向けて、「医薬品の販売等にかかる体制及び環境整備に関する検討会」を発足し、2月8日に東京都・霞ヶ関の経済産業省で初会合をひらいた。この検討会には、医薬品のリスクの区分表示をはじめ、陳列、店舗等における掲示並びに着衣等による識別といった遵守事項を検討課題として付託、4月までに各月2回、計6回程度の会合を招集し、報告書をまとめる。改正法施行に伴う関係規則等の策定作業が遅れがちとなっていたが、懸案だった登録販売者制度の関係省令も先月末に定められ、残る課題の「総仕上げ」の段階に入ったといえる。

厚労省が「薬事法施行規則の一部を改正する省令」を告示
 厚生労働省は1月31日、改正薬事法により新たに導入される「登録販売者制度」が今年4月1日から施行されることに伴い、「薬事法施行規則の一部を改正する省令」を官報で告示した。

富山薬連らが知事へ要望書提出
 富山県薬業連合会と県医薬品工業協会は1月25日午後、石井隆一県知事を訪ね、7項目の要望書を提出、県内製薬企業の経営基盤強化に対する融資制度の新設や、新たな資質向上研修体制を構築するための県薬業研修センターの施設利用と財政支援などを要請し、石井知事は意欲的に取り組む姿勢で応えた。

広貫堂が51億円投じ新工場
 (株)広貫堂は、医療用医薬品の受託製造の増産に対応するため、約51億円を投じて新工場を建設することを明らかにした。新工場は、富山市が手がける富山西インター隣接の呉羽南部団地内に建設。敷地面積は約4万平方メートル。鉄骨2階建て、建築延べ面積約1万平方メートル。流動造粒機、錠剤機、錠剤検査機、フィルムコーティング機、印刷・検査機、PTP包装機など固形製剤に特化し、最新の製造設備を導入して4ライン設ける予定。

富山薬連―10日間集中研修を計画
 改正薬事法による登録販売者制度の今年4月1日施行を捉え、富山県薬業連合会では、10日間連続の「資質向上研修計画」を企画し、資質確認試験への合格支援を強化、充実する方針を打ち出した。これは、県薬業研修センターの新研修体制として検討されているもので、「新たな販売制度の施行に際し、配置員の資質向上をさらに強化し、富山の優秀なる『くすりやさん』の要請を図る」ことが目的。昨年来、実施している試験対応研修会に加え、希望者を対象に年8回開催することにしており、試験本番を見据えた「集中研修」に期待感を示す声も聞こえている。


Copyright(C)2004 HOME MEDICINE NEWS PAPER. All Rights Reserved.
〒930-0856富山市牛島新町3-7-105
TEL:(076)442-3815 FAX:(076)431-3732