株式会社 家庭薬新聞社
HOME

11月トピックスバックナンバ

配置薬議連幹事長・長勢甚遠法務大臣就任祝賀会
 配置薬議員連盟幹事長を務める長勢甚遠衆議院議員の法務大臣就任祝賀会が11月12日に富山市の名鉄トヤマホテルで挙行された。
 祝賀会には、富山県選出自民党国会議員、県並びに市町村長と議会関係者、財界代表など約1,800名が同ホテル4階のメイン会場と3階に参集。祝賀会実行委員長となった長勢氏を「支える会」会長の森政雄県薬業連合会長をはじめ、県内製薬企業代表や配置販売業者らも多数が駆けつけ、大臣誕生を大いに祝った。

富山薬連が上海・国際栄養健康産業博に出展
 富山県薬業連合会は、11月9日から12日まで中国・上海市内のコンベンションセンター「上海光大会展中心」で催された「国際栄養健康産業博覧会」に、国内では唯一、業界団体として出展。(株)広貫堂、第一薬品工業(株)、共栄製薬(株)、東亜薬品(株)、大協薬品工業(株)、中央薬品(株)、バイホロン(株)、(有)伸興商会の8社から医薬品に加え、中国向けに販売する健康食品などに加え、富山オリジナルブランド医薬品「パナワン」も出展された。

全配協ら一般用製造5団体が改正薬事法の円滑施行で要望
 全国配置家庭薬協会並びに日本大衆薬工業協会など一般用医薬品製造販売業5団体は11月9日、「改正薬事法の円滑な施行に関する要望書」を高橋直人厚生労働省医薬食品局長へ提出した。
 今回の要望書は、今年6月に成立した改正薬事法の円滑な施行に向け▽国民の利便性に配慮した販売体制の構築▽生活者への情報提供の円滑化三角国民のニーズに応じた有効性・安全性の優れた一般用医薬品の審査体制の確立▽現在、生活者が享受している利便性の確保―などを求めるもので、全配協並びに大衆薬工業協会、全国家庭薬協議会、日本漢方生薬製剤協会、日本医薬品直販メーカー協議会5団体が連名。消費者の混乱を防ぐことが最大の目的としている。

日本置き薬協会議員連盟総会―山崎拓会長に要望書手渡す
 自由民主党国会議員で組織する日本置き薬議員連盟(会長・山崎拓衆議院議員)の総会は、11月7日に自民党本部で開催され61名(うち代理出席30名)が出席したほか、厚労省から中澤一隆医薬食品局課長、二川一男医政局総務課長、武田俊彦同経済課長も同席。席上、河上宗勝置き薬協会長から山崎拓議連会長に要望書が手渡された。
 要望書は、▽薬業連絡会(仮称)が行う講習の義務化▽同連絡会が発行する身分証明書の取得義務化▽独立行政法人「一般用医薬品販売者教育センター機構(仮称)」の創設▽「苦情処理センター」(対消費者)と「監視・指導機関」(対一般用医薬品販売者)の創立と法令違反に対する取締りの強化▽厚労省の「登録販売士の検討委員会」への参加希望―となっている。

家庭薬新聞社主催・薬業人親善ボウリング大会―富士化学工業が団体優勝
 家庭薬新聞社主催、富山県薬業連合会後援の第17回薬業人親善ボウリング大会が11月9日に富山市の富山地鉄ゴールデンボウルで行われ、薬業関係30の企業や団体から参加した40チーム・120名が熱戦を繰り広げた結果、富士化学工業Aチームが団体優勝に輝き、準優勝は広貫堂Aチーム、三位には国民製薬チームが入った。個人戦では、富士化学工業の森田良男氏が優勝、準優勝は救急薬品工業の森川道弘氏、3位は広貫堂の吉原あすかさんだった。

団体優勝の富士化学工業Aチーム
写真右が個人優勝の森田良男氏

堀川謙二富山薬連
専務理事による始球式


個人2位の森川道弘氏
(救急薬品工業チーム)

団体2位の広貫堂Aチーム
写真中央が個人3位の吉原あすかさん

団体3位の国民製薬チーム


茨城県協が社団法人設立20周年記念式典
 (社)茨城県医薬品配置協会がこのほど社団法人設立20周年(協議会通算55周年)を迎え、記念式典を11月2日に水戸市の水戸プラザホテルで挙行した。式典では表彰式が行われ、つぎの各氏が表彰を受けた。
【茨城県知事表彰】石坂秀正、村尾善三、永森貞夫
【茨城県保健福祉部長表彰】阿部芳正、温盛裕、前佛繁義、安蔵久男、川和清二
【茨城県医薬品配置協会長表彰】茨城田村薬品、加藤薬品、近畿薬品、佐伯兄弟薬品商会、三洋薬品工業、新日本薬品、全国農業協同組合連合会、曽我薬品、太陽堂薬品、ダイワ薬品、成田薬品、富士薬品、水戸富士薬品、ワーム薬品

福島県協中学生作文コンクール入選作品決まる
 独自の企画力で内外から注目が寄せられている(社)福島県医薬品配置協会の第13回県中学生「家族の健康」作文コンクールに、今年も県下86校から1,056点もの作品が寄せられ、その最終選考を10月6日に福島市の杉妻会館で行い入選作品16点を決め、同月27日に行われた表彰式で各入賞者らを表彰した。
 入選作品は、【厚生労働大臣賞】=「お手本は曽祖母」(佐藤優香・矢吹町立矢吹中1年)【福島県知事賞】=「食の大切さを考えて」(東條誠也・郡山市立郡山第7中2年)【福島県教育委員会教育長賞】=「たばこを吸う母への手紙」(白井麻里奈・会津坂下町立第2中3年)【(社)福島県医薬品配置協会長賞】=「ホームドクターと現代医学」(荒川誼華・福島市立福島第4中3年)【家庭薬新聞社賞】=「健康である幸せ」(吉田ちひろ・いわき市立平第1中3年)―など。

配置部会、日配商両総務、資質向上対策合同委員会
 全配協配置部会と日配商は両組織の総務委員会と資質向上対策委員会の各合同会議を10月26日に開催、改正薬事法対応や組織問題など、それぞれ付託された当面する緊急課題について協議を進めた。そのうち改正法で新たに導入される登録販売者制度への対応では、資質確認試験に備えた研修会の実施主体や費用等に関する方針を固めたが、同時に、店舗と配置の試験や登録を個別にするよう厚生労働省当局へ要望することを決定した。

第46回北陸信越薬剤師大会―「新薬剤師元年」をテーマに
 富山県富山市の名鉄トヤマホテルで10月28、29の両日、第46回北陸信越薬剤師大会、第39回北陸信越薬剤師学術大会、第8回富山県薬学会年会が開催され、石井隆一富山県知事、長勢甚遠法務大臣、宮腰光寛衆議院議員、野上浩太郎、河合常則両参議院議員、中西敏夫日本薬剤師会長らが臨席したほか、5県薬剤師会から総勢600名が出席した。
 今大会の主催は(社)富山県薬剤師会で、メインテーマは「新薬剤師元年―共に考え、共に学ぼう」だった。



Copyright(C)2004 HOME MEDICINE NEWS PAPER. All Rights Reserved.
〒930-0856富山市牛島新町3-7-105
TEL:(076)442-3815 FAX:(076)431-3732